So-net無料ブログ作成
検索選択

余力をもって進学する ③

これまで述べてきたことは、そうなるはずだという机上の空論ではありません。
全て実体験に基づくものです。
通塾生の中に例年1人や2人このような生徒がいました。
彼らは全員、札幌北高や国際情報校へ進学しました。
そのほとんどは、道内外の有名大学に進んだとの報告を受けています。

彼らについては、数学にしても英語にしても各単元の導入部の説明をすること以外に教える状況はあまりありません。
指示された問題をこなしていく際に生じる疑問や質問に答えるぐらいです。
ですから、私の指導で高校へ入学させたとは思っていません。
あくまで本人の努力の結果であって、ただ無駄なことはなるべくさせないようサポートしたにすぎません。

せっかく素質に恵まれたにもかかわらず、進学塾に通い、勉強漬けの日々を送っている生徒は少なくありません。
燃え尽き症候群となって、せっかく進学した高校で落ちこぼれては元も子もありません。

どのような道を歩むかは、結局親御さんの判断にかかっています。

いずれの方が望ましいかは、理性的かつ冷静に考えれば誰にでもわかる簡単なことです。
目先のことばかりに気を取られずに、お子さんの将来を真剣に考えてあげることが何よりも大切なのです。

m_E382B0E383AAE381A1E38283E38293E6A798.gif Coffee Break 20120406182141_6bIs_1adb4de8f2faba47ea0234599315dd0a.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。