So-net無料ブログ作成
検索選択

余力をもって進学する ④

今回からは別のタイプの生徒についてのお話です。

かなり努力して、数学の定期テストなどで満点もしくはそれに近い得点を取る生徒もいます。
このような場合、自分自身では数学は得意だとは思っていないものです。
数学の得意な生徒は、特に勉強しなくても学力テストでも高得点を取ります。
それに対して、彼らは半分も取れないという事がよくあります。
定期テストは限られた範囲で行われます。
完全に理解できていなくても、問題数をこなすことで解き方を覚えてしまうのです。
しかし、覚えたものは忘れます。
理解が不十分だと、初めて見る問題を自分で考えて解く力もついていません。
こうして、学力テストで両者の違いが歴然となります。
それが入試での差につながります。

数学の学習法を根本的に変えない限り、その差を埋めることはできません。
暗記学習ではなく、数学本来の学習法に改めるのです。

ところが指導法を見れば分かると思いますが、進学塾へ行くと訳も分からず暗記するという学習をさせられることになります。
たとえ高校へは進めても、急に高度になる高校数学には最初からついていけなくなります。
難関校であればなおさらです。

ただ、学習法を改めるといってもそんなに容易なことではありません。
そこで是非試みてほしい方法があります。

            ⑤へつづく

m_E382B0E383AAE381A1E38283E38293E6A798.gif Coffee Break 20120111073535_6bIs_0e42668f3950da20539888d34233baf1.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。