So-net無料ブログ作成

塾にできること、できないこと ④

成績が上がるためには、生徒本人の”やる気”が絶対欠かせません。
ところが本人がどんなに持とうとしても持てないもの、周囲の者がどんなに持たせようとしても持たせることのできないもの、それが”やる気”というものです。

ですから”やる気”になるのを待つしかありません。
待つとは、その日が必ず訪れることを信じることです。
したがって、その時に備えておかなくてはなりません。
最優先にしなければならないのは、数学と英語の基礎をしっかり身につけさせることです。
いずれ本格的に勉強を始める際に、基礎ができているかいないかでは全然違うからです。

例年、3年生になり部活動も終わる夏休み頃ようやく受験を現実のものとして意識するようになるのが一般的です。
やる気になると、説明の聞き方もそれまでとは比べものにならないくらい真剣になります。
家庭での勉強の仕方を聞いてくることもあります。
数学や英語の基礎がすでにできているわけですから、半年もあれば受験に十分間に合います。
そのようにしてたいていの生徒が、入塾時に志望校として挙げた高校へと進んでいきます。
やればできるのにと思わせた生徒がやる気になった途端に急速に力をつけるケースは、これまで数えきれないくらい見て来ました。

もしまだ本人がやる気になっていない時に何とか成績を上げようとして宿題を出すなどして強制的にやらせたり、無理に教え込もうとしていたならば、成績が上がらないばかりか、勉強嫌いにしてしまう事でやる気になる機会を永久に奪ってしまっていたに違いありません。

やる気になれない生徒も、本人は内心やらなければならないと思っています。
そして、成績が上がらない原因は自分が勉強しないことにあるという事も自覚しています。
そのことを理解して接すれば、それは生徒にもきちんと伝わります。
そのようにして生徒との間に次第に形成される信頼関係に基づいて、日々の授業が進められていきます。

これが、成績の上がらない状況が長く続いても自分の意志で受験まで彼らが通い続ける最大の理由なのではないかと思います。
その背景には親御さんの深い理解と協力があるという事も付け加えておかなくてはなりません。


m_E382B0E383AAE381A1E38283E38293E6A798.gif  Coffee Break 0329_7.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。